ハウスメーカー選び PR

積水ハウスから見積をもらってみた【建物は4000万超え!?】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

資金計画をたてたので、いよいよ積水ハウスから土地と建物のプランを提案してもらいます。

私たちの資金計画については以前書いたこちらの記事で紹介しています!

失敗しない資金計画をたてました!【無料のFP相談がおすすめ】家づくりにおいて最初にやるべきことは資金計画をたてることです。 ですが、 「こんな値段の家を建てても大丈夫なの?」 「自分...

本記事では私たちが伝えた要望とそれに対する積水ハウスからの提案(見積金額含む)について公開しています。

これから積水ハウスで家を建てようと思っている人にとって参考になると思います。
最後におすすめの裏技も紹介しているので是非最後まで読んでみてくださいね!

私たちが伝えた8つの要望


まず初めに私たちの家づくりのコンセプトは「家事を楽にできる家」です。

私たちは共働きで、打合せ時は妻が妊娠している状態でした。しかも2人とも生粋のめんどくさがり屋です。

これから仕事・家事・育児の3つを同時にこなしていくのは厳しいと感じていたので、家事の負担を少しでも軽減したいと思っていました。

このコンセプトと私たちが伝えた具体的な要望は以下のとおりです。

①部屋数は寝室、子供部屋、書斎の3部屋
・子供は1人の予定なので子供部屋は1つ
・書斎はリモートワークで使用する予定
・2人目の子供ができた場合は書斎を子供部屋として使うことも想定

②広いLDK
・基本的に家族が大半の時間をLDKで過ごすことを想定しているため

③リビング階段
・家族が顔を合わせてコミュニケーションを取りやすくする
・お洒落かつリビングを広く見せつつ、家族が顔を合わせる機会を増やしてコミュニケーションをとりやすくするため

④キッチンはアイランド型
・純粋なアイランド型のキッチンへの憧れ

⑤Mieleの食洗器
・洗い物時間を短縮して家事を楽にできる
・ネットや積水ハウスの営業さんからの評判が良かったMieleを採用

⑥乾太くんを設置したランドリースペース
・共働きなので夜に洗濯をすることが多く、時間や天候を気にせず洗濯するため
・洗濯物を外に干すという負担もなくして家事を楽にできる

⑦リビングからフラットにつながるウッドデッキ
・庭でBBQやコーヒーを飲みたいという妻の強い要望により採用
・フラットにつなげることでリビングを広く見せる

⑧外壁はベルバーン
・メンテナンス不要で評判が高く、積水ハウスで家を建てるなら絶対に採用したいと思っていた

こちらの8つの要望を伝えて、これを実現できる土地と建物の間取りを提案してもらうことにしました。

果たして、どのような提案があるのでしょうか!?積水ハウスは高いと聞いているので予算内に収まるのか期待と不安が入り混じります。

積水ハウスからの提案

土地


土地は画像のような変形地を提案してもらいました。

変形地ですが、広さは182㎡(55坪)で私たちの要望を叶えられそうな大きさで、通勤時間も現状と大きく変わらない。

実際に現地に行ってみると閑静な住宅街で同世代の子育て世帯も多く私たち夫婦にとっては悪くないという印象です。

ただし、土地の値段が他に検討していた土地と比べて高めな点が悩ましく、建物のプランを聞いて総合的に判断することにしました。

間取り

土地の探し方

間取りは画像のとおり1階面積が57㎡、2階面積が49㎡のTOTAL106㎡で私たちの要望はすべて満たされていました。

正直この間取り提案にはある工夫が施されていて私たちにはとても刺さりました。
この間取り提案が良かったので積水ハウスに決めたといっても過言ではありません。

どんな工夫が施されていて、何が良かったのかについてはまた別の記事で紹介します。

気になるお値段は?

では、いよいよ気になるお値段を発表します。
積水ハウスの見積はこちら↓

見積金額(概算)
①建築工事費(消費税込) 4,500万円
②土地購入代 2,600万円
③諸費用 70万円
④総額 7,170万円

見積金額に含まれていた付帯工事

  • 太陽光発電システム
  • エネルギー管理システムHEMS
  • 床暖房工事
  • 屋外給排水工事
  • ガス工事費
  • 燃料電池エネファーム
  • 外構造園工事

さすが、積水ハウスお値段も一級品です。まさかの総額7,000万円越えてきました!

<最後に>自宅に居ながら複数社から簡単に一括見積をもらう方法


今回は積水ハウスの見積金額について、紹介しました。

私たちの予算は7,000万円だったので予算オーバーです。提案内容はよかったのですが、これはさすがに値下げ交渉や減額調整をしないと無理ですね。

注文住宅は非常に高額な買い物なので、複数のハウスメーカーから見積をもらって比較することが大切です

ですが、それぞれの会社と綿密に打ち合わせをしてから見積をもらうのは時間と労力がかかってしまいます。

そんなときにおすすめのサービスがタウンライフ家づくりです。

ハウスメーカーの公式HPではカタログしか請求できませんが、タウンライフであればカタログの他に、所要時間3分であなただけの間取り+見積りを無料で作成してもらえます
希望をすれば土地探しまでもしてもらえます。

自宅に居ながら、全国約600社以上の会社から一括で間取りと見積りを作成してもらえるのはタウンライフ家づくりだけです。

【使わないと損】家づくり経験者がタウンライフ家づくりを使ってみた感想家づくりで失敗しないためには情報収集と比較検討が大切です。 とはいえ、家づくりにかける時間があまりないという人も多いのではないでしょう...

気に入ったハウスメーカーや工務店がきっと見つかるので、これから家づくりを始める方はぜひ使ってみてください!

ABOUT ME
きくちゃん
大阪で情報通信関係の会社で働く32歳のサラリーマン。 「持ち家よりも賃貸派」→「長女誕生をきっかけに家を買うことを決意」するも、住宅知識ゼロで危機感を抱き独学で猛勉強。 家を買うこと経験して得た知識をこれから家を建てる人にとって少しでも役に立てればいいな思いこのブログを立ち上げました。
記事がお役に立てば応援お願いします

最後まで読んでいただきありがとうございます。このブログはにほんブログ村に参加しています。

もし、この記事がみなさんの家づくりに少しでも役に立ったらポチッと応援お願いします。
みなさんからの応援が今後のブログ運営のモチベーションになりますので、よろしくお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村


積水ハウス(一戸建)ランキング